実用性とそれに相反する性質を持つ遊び車は、軽自動車で作るのは難しそうです。

遊び心のある車種
遊び心のある車種
PAGE LIST

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

軽で久しぶりのクロスオーバーSUV

ここ最近のエコブームのおかげで、ハイブリッドカーと並んで爆発的なヒットとなっている車種が軽自動車ですが、この軽自動車においても遊びのために車というものが存在します。
そもそも軽自動車は実用的な車という性質があるのでその中で遊び車というのもなんですが、その実用性と遊び心をうまく統合したものと思ってください。
軽自動車には今までにも、スズキ・ジムニーやダイハツ・コペン、ホンダ・ビートなどの様な車に乗ること自体が楽しみという車がありましたが、低燃費戦争が始まってからは実用的な車しか販売されなくなり、非常に面白味のないものとなっていました。
しかし、2013年の年末にやっとその平凡な軽自動車界を打ち破るような車が登場しました。
それがスズキのハスラーという車です。
この車は同社のワゴンRのコンポーネントを使って作り出された軽自動車では珍しいクロスオーバーSUVで、見た目も一般的な軽自動車とは違い、武骨なオフロードマシンを意識したようなデザインとなっています。
性能面ではワゴンRとほぼ同等なのですが、余裕のあるロードクリアランスと大径タイヤが悪路走破性の高さを表しています。
もちろんそれ以外のクロスオーバーSUVならではの性能も持ち合わせており、軽自動車でありながらも広いキャビンと積載能力は他の軽自動車よりも一歩上を行くものとなっています。
ただこの車が軽自動車であることを忘れてはいけません。
小さなボディに小さなエンジン、この2つの制限がある以上、普通自動車のクロスオーバーSUVの様にタフでちょっとばかり雑に扱っても車側が受け止めてくれるというものではありません。
見た目はそれなりのものを持っていても、ハスラーも軽自動車なのですから、実用面を取り入れたことによってクロスオーバーSUV本来の性能をスポイルすることも許容範囲としてうけて止めましょう。

Copyright (C)2019遊び心のある車種.All rights reserved.