性能は持っていても、デザインでそれがすべて台無しになる、という事も車にはあります。

遊び心のある車種
遊び心のある車種
PAGE LIST

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

遊び意外になにも使えない車種

車というのは実用面も持っていなければならないものですが、中には実用性を持たせてはいるのですが、デザインやラインナップによって事実上、実用性を無視せざるを得ないがあります。
その代表となる車種が日産のジュークという車です。
日産ジュークは、1600ccクラスの小型車で、クロスオーバーSUVとして作られた車です。
エンジンは1500ccのNAエンジンと今ではかなり珍しい1600ccのターボエンジンを搭載し、クロスオーバーSUVらしい腰高のスタイルを持つ車です。
しかし、そのスタイルが実は問題なのです。
日産は今ではフランスの自動車企業であるルノーの子会社となっており、かなりの割合でルノーの意向が取り入れられています。
それは発売する新車のデザインに関しても言えることで、日本人の好みを無視したかのようなデザインを持つ車が最近の日産車のスタイルとなっています。
このジュークも今の日産車のスタイルを取り入れた車で、丸みを帯びたデザインはいいのですが、あまりにも奇抜すぎて、その車に乗ること自体もかなり勇気のいるものとなっています。
どこからどう見てもルノーのデザインで、昔の日産車が持つものとは全く違うのです。
パッケージング的には実用車としてとらえることもできるのですが、エクステリアやインテリアのデザインがそれを不可能にしているのです。
結局のところ、ジュークは仕事にもつかえず、普段の生活に取り入れられることもなく、休みの日だけにガレージから出される完全な遊び車として扱うほかなくなってしまいました。
もともと少し遊び心を持たせて作られてはいるのですが、それ以外のことには使えないので、遊びだけの車となってしまったというのがこのジュークなのです。

Copyright (C)2019遊び心のある車種.All rights reserved.