ミニバンの大きなボディをうまく活用したのがフリード・スパイク、こういう車を遊びにうまく取り入れたいものでしょうか。

遊び心のある車種
遊び心のある車種
PAGE LIST

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

ミニバンベースの遊び車

日本の自動車界でミニバンほどたくさん売れている車はないでしょう。
道路を走っていても前後左右全てをミニバンで囲まれることも珍しくありません。
ミニバンを使って家族でいろいろなところへ出かけるという事も遊びのひとつかもしれませんが、ミニバン自体が妥協して購入したものである以上、この車で心から楽しむという事はできません。
それよりもミニバンの持つ大きな箱型ボディをうまく活用して、それを遊び車に仕立てた車のほうが絶対に楽しめるはずです。
こんなコンセプトで作られたのが、小型ミニバンで有名なホンダ・フリードをハイトワゴンとして作りかえたフリード・スパイクです。
ホンダはインサイトの様な車も得意ですが、昔から遊び心のある車種を作るのを得意としている自動車メーカーで、たくさんの遊びのための車を作ってきました。
そして、ミニバンブームによって作られたフリードをミニバンとしてだけではなく、5ドアハッチバックワゴンとしても販売したのがフリード・スパイクなのです。
フリードのサードシートを撤去し、そこに多目的なラゲッジスペースを確保することによって、車でいろいろなレジャーを楽しむことが出来るようにしたのです。
もちろんサードシートがありませんので、定員は5人乗りとなってしまうのですが、ミニバンユーザーのほとんどが5人以下の家族構成であることからもこれで十分なのかもしれません。
フリードでは、確保することができないフルフラットで広いラゲッジスペースはマットレスなどを敷けば、車中泊も可能でよくサービスエリアなどで中で寝ているフリード・スパイクを見かけることがあります。
遊びのベースキャンプ的な使い方ができるフリード・スパイク、こういった車も遊び車として必要でしょう。

Copyright (C)2019遊び心のある車種.All rights reserved.