振り回すには大きすぎる、もっとコンパクトで軽いスポーツモデルが欲しいところです。

遊び心のある車種
遊び心のある車種
PAGE LIST

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

振り回して遊ぶ車輌

車で遊ぶという事には車を使って遊ぶものと車で遊ぶものがあります。
流行りのクロスオーバーSUVやSUV、ミニバンなどで遊びに行くために使う車も遊びの車といえますが、車で遊ぶという言葉にぴったりなのが、車を振り回すという遊びです。
車を振り回すというのは、軽量なスポーツモデルでドリフトしたり、サイドブレーキなど使ったサイドターンなどをして遊んだりすることなのですが、今ではそういう遊び方ができる車がほとんどありません。
一昔前では、トヨタのカローラ・レビン、スプリンター・トレノなどのAE86やホンダのシビック、日産のシルビアや180SXなど振り回して遊ぶことができる車種がたくさんありましたが、現在ではかろうじてトヨタの86とその兄弟車であるスバルのBRZ、マツダのロードスターがあるだけとなっています。
その中でもAE86をイメージして作ったといっても86やBRZは重すぎるし大きすぎるので、実際にはロードスターだけが振り回して遊ぶのにちょうどいい車という事になります。
しかし、ここ最近の新車譲歩などを見てみるとあちこちでライトウェイトスポーツの発売記事が書かれているのはうれしいニュースです。
特に軽自動車においては、ホンダのビートやダイハツ・コペンなどが新たなモデルとして発売されるようで、非常に楽しみです。
車というのは走ってナンボのものであって、燃費が良ければいいというものではありません。
ここで一度「クルマ」というものの基本にかえって、そして新たな車作りをしてもらいたいものです。

Copyright (C)2019遊び心のある車種.All rights reserved.